<< アトリエヨシノの | トップ | お陰様で13周年! >>
0
    子供達が筋肉痛
    火曜日にエレーナ先生のクラスを受けた子達に今日感想を聞いたら殆どの子が足の筋肉痛になったと言っていた。そんなに激しいことはやっていなかったのだがクラス中に真っ直ぐ立って開いてお尻を硬くしてと言われ続けていたからであろう。エレーナ先生の脚は本当に開いていた。同じ脚を持っているのがNYで昨年ダンスコラージュに出てくれたロシア人でローザンヌコンクールでスカラーシップ貰ったアレクサンドルワシリエフ。この写真の上がっている方ではなく軸足に注目。ちゃんと180度開いている。エレーナ先生もこの様な脚だった。今はロシアでも趣味のバレエ家も少し出てきたようだが日本のように誰でもバレエが出来るのではなくやはりそれなりの身体を最初から持ち合わせたひとでないとバレエは出来ないだけあってロシアのプリンシパル級の人の脚は本当に開いていて美しい。エレーナ先生もアンドレイも私の恩師の鈴木光代先生も指導者として凄く厳しい。そのワガノワメゾットを厳しく忠実に守ろうとするからこそ生み出される美しさを表現出来るのだろう。
    - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.studio-sgi.com/trackback/877583